肌のたるみはどうして出来るのか

一昔前までは、肌のたるみのいちばんの原因は加齢だと言われていました。肌のたるみは老化現象のひとつ、だから有効な対策はほとんどないと言う具合です。しかし最近の研究によってこの説は覆され、新たな原因が明らかになりました。それが紫外線、UVの存在です。肌の弾力を支えているのはコラーゲンやエラスチンと言った成分なのですが、UV-A波と呼ばれるものには、それを浴びることによって長い時間をかけてこれらの成分にダメージを与える作用があること、また活性酸素と呼ばれる、体内の細胞にダメージを与える物質の発生を促進させる作用があることが明らかにされました。活性酸素が処理できない量、体内に溜まってしまうとコラーゲンやエラスチンなどの生成にも支障が発生してしまいます。こうしたことから、コラーゲンやエラスチンにダメージが与えられ、おまけに活性酸素によってその生成が追いつかなくなることが肌たるみ発生の原因であるという認識が、現在の美容業界においては常識となっています。よって肌たるみを予防するためには、とにかく一年中、UV対策をすることが最重要であるとされています。そして万が一、UV対策を忘れてしまった場合には、活性酸素を発生させないために、抗酸化作用の強いビタミンCを食品やスキンケア製品で取り入れることも有効だとされています。加齢ではなくUVがたるみのいちばんの原因であり、たがらこそそれには有効な対策があると言うのは、女性にとっては非常に嬉しい情報だと言えます。

コメント

コメントを受け付けておりません。