カッサを使ったリンパの流し方

体重が増加してしまった時は、顎にも脂肪が付きやすいため、二重あごに悩んでいる人が増えています。
パソコンやスマートフォンを長時間使用していて、姿勢が悪く、猫背気味になると、二重あごになりやすいですし、柔らかい食べ物ばかり食べていて、噛むことが少ないと顎の筋肉が退化してきます。
カッサは陶器やプラスチックなどの素材を使用したプレートのことで、入浴後などの血流が良くなった時に使用すると、二重あごを改善する働きがあります。
耳の部分から下へ、顎の周辺や鎖骨の周りを、カッサを使ってリンパマッサージをすることで、体内の老廃物や水分を体外に排出しやすくなります。
カッサは豊富な形の商品がありますが、魚型の商品は緩やかなカーブになっているため、使いやすいです。
カッサの使い方のポイントは、一定方向に使用するようにして、一箇所は3回から5回程度マッサージをすると良いでしょう。
血液は心臓をポンプにして循環をしていますが、リンパにはポンプ機能がないため、マッサージを行う必要があります。
体が温まっている入浴時にカッサを使って、リンパマッサージをすることで、フェイスラインをすっきりとさせて小顔効果が期待できます。
普段は食事の時は、なるべく歯応えのあるものを食べるようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。